レオナTM樹脂・原料工場(旭化成株式会社 延岡支社様)宮崎県

概要

旭化成発祥の地である宮崎県延岡市にある、レオナ(TM)のブランドで広く認知されている旭化成の合成樹脂を原料から一貫して製造する【レオナ樹脂・原料工場】。こちらに当社のノンフロン高効率ターボ冷凍機RTBA型を納入いたしました。

レオナ(TM)樹脂は、エンジニアリング樹脂として耐熱性・強度剛性に優れており、自動車部品、電子部品等を主な用途とし、世界中で需要が高まっています。

本工場では、樹脂製造過程でプロセスの冷却の為、従前より大型ターボ冷凍機を多数ご採用いただいており、この度、地球温暖化防止対策に有効な低GWP冷媒を使用した新型機を一早くご導入いただきました。

Nobeoka City, Miyazaki Prefecture is the birthplace of Asahi Kasei Corporation. Asahi Kasei's synthetic resin, which is widely recognized under the Leona™ brand, is manufactured consistently from raw materials in Nobeoka City 【Leona™ PA polyamide Raw material plant】. We have delivered our high efficiency centrifugal chiller model RTBA which is using Low-GWP refrigerant to this plant. Leona™ resin has excellent heat resistance and strength and rigidity as an engineering resin, and its main applications are automotive parts and electronic components, and its demand is increasing worldwide. At this plant, many our large capacity centrifugal chillers have been used for the process cooling of resin production. Our new model RTBA using Low-GWP refrigerant which is effective in Global warming prevention is introduced to Asahi Kasei Corporation ahead of the world.

機器 納入型式 能力
冷凍機 ノンフロンターボ冷凍機 RTBA125 3860kW×1基

 

 

  • お問い合わせ

ページの先頭へ

導入事例

シンワ冷却塔はこちら