松本市美術館(松本市美術館様)長野県

概要

松本市美術館は松本出身の世界的な前衛芸術家『草間彌生』の作品をはじめに、信州や山岳にまつわる作品を収蔵展示しています。建物は2002年に宮本忠長建築設計事務所による設計で建築業協会賞を受賞しています。
水玉模様が独創的な草間彌生の巨大でカラフルなチューリップのオブジェが入口で来場者を出迎える本美術館は、国内はもとより海外からも多くの来場者が訪れています。
その館内の空調設備に以前より当社の製品をご利用いただいており、現在大規模リニューアルに際し、より効率の良い新型吸収冷温水機をご採用いただきました。

The Matsumoto City Museum of Art houses and exhibits the works of Yayoi Kusama, a world-famous avant-garde artist from Matsumoto City, as well as other works related to Shinshu-area and mountains. The building was designed by TADANAGA MIYAMOTO ARCHITECT & ASSOCIATES in 2002, and won an award from the Japan Institute of Architects. The museum welcomes visitors at the entrance with a huge colorful-tulip- object by Yayoi Kusama, which has a unique polka dot pattern. The museum attracts many visitors from all over the country and abroad. The museum has been using our products for a long time for the air-conditioning system in the building, and for a large-scale renovation under going,EBARA's new type of absorption chiller/heater with higher efficiency was adopted.

機器 納入型式 能力
冷凍機・冷却塔 冷却塔一体形吸収冷温水機 RHDGL010FP 352kW×1基
冷却塔一体形吸収冷温水機 RHDGL008HP 211kW×1基

 

 

  • お問い合わせ

RHD-P型冷却塔一体形吸収冷温水機

ご採用いただいた製品詳細はこちらから

ご採用いただいた製品詳細はこちらから

ページの先頭へ

導入事例

シンワ冷却塔はこちら