新製品 低GWP冷媒採用 荏原の高効率ターボ冷凍機の発売

2018.02.13

荏原冷熱システム株式会社

  この度、荏原冷熱システム株式会社は、環境負荷を低減する新製品【RTBA型ターボ冷凍機】を発売します。
地球温暖化防止のため、冷凍空調機器に使用されているHFC冷媒を、温暖化係数(GWP)の低い新しい冷媒(低GWP冷媒)に転換することが求められています。当社はこの命題に、低GWP冷媒であるHCFO-1224yd(Z)(商品名:AMOLEA®1224yd)を採用した高効率な【RTBA型ターボ冷凍機】の提供でお応えします。
【RTBA型ターボ冷凍機】は、信頼と実績ある高効率RTBF型ターボ冷凍機の技術をベースとして開発された新製品です。HCFO-1224yd(Z)は、GWPが1以下と環境負荷が非常に小さく、また不燃性であり、更に取扱いの容易な低圧冷媒です。つまり低GWPと安全・安心とを両立できることが大きな特長です。
約90年にわたるターボ冷凍機の開発、製造により培った技術で、環境負荷低減と、これまでと変わらぬ安全・安心とを両立できる【RTBA型ターボ冷凍機】は、全てのお客様にとって最適なターボ冷凍機です。
荏原冷熱システム株式会社は、これからも環境負荷を低減し地球温暖化防止に貢献して参ります。

尚、発売にさきがけて2月27日~3月2日の4日間、幕張メッセにて開催される「HVAC&R JAPAN 2018展」の当社ブースに実機展示を致しますので、是非ご来場、そしてブースにお立寄りくださいますようお待ちしております。

  製品         :ターボ冷凍機
  型式      :RTBA型
  ラインアップ :774kW(220USRT)~ 4395kW(1250USRT)
  販売開始  :2018年4月予定
pic_rtba.jpg ※記事中の●●●型は当社の機種記号です。
※AMOLEA® は旭硝子株式会社の登録商標です。
※GWP(Global Warming Potential)地球温暖化係数

2018年のニュース一覧へ戻る

ページの先頭へ