バングラデシュでJCM設備補助事業に選定されました

2015.02.05

荏原冷熱システム株式会社

当社とEbara Thermal Systems(Thailand)Co.,Ltd.(以下:ETST)の案件が1月19日にバングラデシュのJCM設備補助事業として環境省より選定されました。

<選定案件の概要>
. ホスト国:バングラデシュ
プロジェクト実施者:荏原冷熱システム(株)、Ebara Thermal Systems(Thailand)Co.,Ltd.など
案件名:省エネ型ターボ冷凍機を利用した工場空調と生産設備冷却(ダッカ市郊外)
. 想定削減量:255 tCO2/年

ETSTが関わる案件が選定されたのは今回が初めてになります。2013年4月にタイバンコクに設立されたETSTは、タイ並びに東南アジア全域で、冷凍機・冷却塔の販売を行っています。
当社は、一昨年10月には、海外向けターボ冷凍機のラインナップを拡充するなど、ETSTと 共に積極的な海外事業展開を行っています。
食品工業とりわけ精油産業・砂糖製造業はバングラデシュで重要な産業の一つです。1年のうち8カ月は最高気温30度を超えるバングラデシュで、高品質な製品を生産するには温度と湿度の制御が不可欠です。

当社は、今後もETSTを拠点とし、タイ並びに東南アジア全域で、冷熱事業の基盤強化を加速させていきます。

(ご参考):RTBF型ターボ冷凍機製品情報
      :Ebara Thermal Systems(Thailand)Co.,Ltd.(ホームページ
)       

2015年のニュース一覧へ戻る

ページの先頭へ