第30回優秀省エネルギー機器表彰「資源エネルギー庁長官賞」受賞
高速ギアレス圧縮機搭載2重冷凍サイクル型ターボ冷凍機(RTVFシリーズ)

2010.02.09

株式会社荏原製作所
荏原冷熱システム株式会社

 株式会社荏原製作所及び当社は、この度社団法人日本機械工業連合会が主催する、第30回(平成21年度)優秀省エネルギー機器表彰において、高速ギアレス圧縮機搭載2重冷凍サイクル型ターボ冷凍機(RTVFシリーズ)が「資源エネルギー庁長官賞」を受賞しました。

 本ターボ冷凍機は、「インバータ駆動高速ギアレス圧縮機」「二重冷凍サイクル」の高効率化技術を確立し、従来機を大きく上回る世界最高効率レベルCOP=7.0を達成しました。 更にインバータ制御により部分負荷特性はCOP=22を達成しています。 冷媒は低圧冷媒のHFC245fa(オゾン破壊係数=0)を採用し、高圧ガス保 安法の適用を受けないため、取り扱いも容易で、安全性が高く、環境への配慮が高い 製品です。

 荏原グループの冷熱事業では、昭和5年に国産第一号機となるターボ冷凍機を納入し、以来これまで空調用を始め、地域冷暖房、産業用等様々な用途に製品をお納めしてきました。今後も、荏原グループは、省エネルギー、地球温暖化対策、環境負荷低減に役立つ、お客様のニーズに応えた冷熱製品の開発に取り組んでまいります。

 ※本機は、NEDO「独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構」殿との共同 開発の成果をもとに製品化されたものです。


   RTVFシリーズ 製品情報へ

   RTVFシリーズ スペシャルサイトへ

2010年のニュース一覧へ戻る

ページの先頭へ