オーバーホール

ターボ冷凍機

通常の保守点検では分解点検できない密閉箇所(圧縮機等)は定期的に分解整備を行う必要があります。
ターボ冷凍機は回転機械ですので軸受けや増速機の開放点検整備や電動機の電気特性の測定確認が重要なポイントです。
また熱交換器の性能回復を目的として薬品を使ったチューブ内面の洗浄もおすすめしています。

吸収冷凍機・冷温水機

適切な保守をしていても消耗品に分類する構成品は定期的に交換しなければ、長期間の安定運用は不可能です。
吸収式冷凍機・冷温水機の場合、気密を保持するために必要なパッキン類の交換やバルブの交換、溶液ポンプや熱交換器の清掃点検等が重要なポイントです。

  • お問い合わせ
  • カタログダウンロード

ページの先頭へ